オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
 
税と経営
事務所ニュース
リーガル
税務カレンダー
改正税法の手引き
各種ファイル
10年職歴
レシートファイル
支部報印刷
用紙類
封筒印刷
各種図書出版
ホームページ作成
事務所ニュースPDF版
国税局職員便覧

 
HOMEに戻る
商品案内
事務所ニュース
[2006年1月号・2005年12月27日更新]
M版(労務版) ←表紙のページに戻る

■短時間就労者の休暇等
パート労働者など短時間就労者が一定以上継続勤務したときには、所定労働時間や所定労働日数に応じて年次有給休暇(以下、年休という)を付与しなければなりません。今回は、パート労働者の年休の付与日数、年休に対する賃金支払方法、年休の買上げ等年休に関して知っておきたい事項と運用について掲げます。

Q1.パート労働者にも年休を与えなければならないのですか。与える場合の付与日数も併せて教えて下さい。
Q2.表によると、パート労働者の年休は一日の労働時間に関係なく付与されるようですが、どういうことなのでしょうか。
Q3.年休は、六カ月間継続勤務し、全労働日の八割以上出勤したときに与えなければなりませんが、この出勤率はどのようにして算出するのですか。
Q4.週の所定労働日数を四日から三日に変更した場合、いつから新たな労働日数に応じた年休を与えればよいのですか。
Q5.年休に対する賃金の支払方法について教えて下さい。
Q6.平均賃金の算定方法を、詳しく教えて下さい。
Q7.平均賃金には最低保障があると聞きましたが…
Q8.年休を買い上げることはできるのですか。


■労災保険未手続事業主に対する費用徴収制度が強化


■就業規則の作成義務


■育児時間


↑上に戻る

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
 
       
   
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから