オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
 
税と経営
事務所ニュース
リーガル
税務カレンダー
改正税法の手引き
各種ファイル
10年職歴
レシートファイル
支部報印刷
用紙類
封筒印刷
各種図書出版
ホームページ作成
事務所ニュースPDF版
国税局職員便覧

 
HOMEに戻る
商品案内
事務所ニュース
[2005年2月号・2005年1月25日更新]
M版(労務版) ←表紙のページに戻る


■パート労働者の賃金

 就労時間が正社員と異なるパート労働者の賃金をどのように決めればよいのか、割増賃金はどのようなときに発生するのか等、実務上迷うことがあるかと思います。そこで、今回はパート労働者の賃金決定の方法、手当の種類等について資料をもとに説明します。

Q.パート労働者の基本給を決定する際、参考になる基準のようなものがあれば教えて下さい。
Q.他の事業所では、パート労働者に対する手当としてどのようなものを設定しているのでしょうか。
Q.一日四時間、週四日の契約で働いてもらっているパート労働者に、一日四時間以内で残業してもらった場合、その時間分について割増賃金を支払わなければなりませんか。
Q.前掲のパート労働者に一日八時間を超えて就労してもらった場合、八時間を超えた分の賃金はどのように扱えばよいのですか。
Q.パート労働者にも最低賃金は適用されるのですか。
Q.月曜日と水曜日は一日五時間、火曜日と木曜日は一日四時間働いてもらっているパート労働者が、有給休暇(年休)をとった場合、何時間分の賃金を支払えばよいのですか。
Q.パート労働者にも昇給、賞与、退職金制度などを設け、実施すべきなのでしょうか。


■65歳からの在職老齢年金
Q.現在64歳の会社役員です。役員報酬が高く、今まで特別支給の老齢厚生年金を受けたことはありません。65歳以後も在職した場合、老齢給付を受けることはできますか。


■監査役の社会保険の取扱


■第三号被保険者期間の確認


↑上に戻る

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
 
       
   
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから