「あなたの発展こそわが生涯の仕事」がモットー
不動産譲渡、相続、贈与の税務はお任せ ! !

常滑で開業40年。法人税務から相続・贈与など幅広く対応。
同族会社の経営安定も見据えた人間関係に関する相談対応にも注力しており、お客様目線で提案を行います。
人・モノ・金どんな相談ごと・悩みごとにも、人助けの精神で強力なサポートが受けられます。

古くから焼き物の産地として知られる常滑市は、日本六古窯のひとつとされ、国の重要有形民俗文化財に指定されている登窯や陶芸体験などを目的に多くの焼き物ファンが訪れ、また、中部国際空港セントレアの開港で空の玄関口として商業施設などの開発で発展してきた地域。
松下英勝税理士事務所は、開業以来この常滑の地で40年にわたり「あなたの発展こそわが生涯の仕事」をモットーに税務・会計業務を提供しています。

税務全般を幅広くカバー
記帳代行にも万全の体制

松下英勝税理士事務所では様々な相談に対応しており、税務に関する相談全般から相続税、生前贈与、土地の売買や新規開業に伴う税務もカバーしています。
15年程前には松下タネダ株式会社の屋号で記帳代行などを行う計算センターを設立。顧問先から重要な書類を預かって記帳等を行うに当たっては、事務所の体制整備が必要との思いから設けられ、松下氏の奥様が代表を務めています。
松下氏の好きな言葉に「過去に感謝、現在に信頼、未来に希望」があります。この中でも特に「信頼」を重視し、税理士事務所と計算センターで業務に当たる4名のスタッフを信頼して仕事を任せるという想いはスタッフにも伝わり、明るい職場環境が築かれています。

同族会社の経営安定にも注力
相手の立場で提案

現在の顧問先は、開業15年以内のバブル時期頃までに契約を結んだお客様が大半です。長いお付き合いが続いている秘訣は「中小企業の中でも小さい会社が多く、同族会社が占める割合が非常に高い中で、『あなたの発展こそわが生涯の仕事』のモットーは会社としての事業の発展はもちろんですが、同族会社では家族仲が経営に響くこともよくあるので、小規模事業者の同族経営の安定化にも重きを置き強力にサポートしてきました」という松下氏の方針によるところが大きいようです。
さらに、お客様からの相談などへの対応では、「自分の物差しではなく、必ず相手の視点に立って提案するようにしています」といい、お客様が何を要求してきているのか、何をしてほしいのかを確実に読み取った上で、「相手のためということをよく考えることが大事」だと話します。

相談の肝は人間関係
人・モノ・金 相談に乗ります!

最近の相談では人間関係に関するものが増えています。「純粋な税務に関する相談は2割で、残りは人間関係だといってもいい。社長の考え、社長の奥さんの考え、息子さんの考え、これらがバラバラのこともありますが、そこは税理士がしっかりとまとめる役割を担う必要があります」。
相続や事業承継を考える上でも人間関係が重要で、松下氏は「事業承継では親子3代の考え方を理解して進めなければいけない。後継者に兄弟はいるか、会社の資本金などはどうか、といったことも含め複合的に計画する必要がある」といいます。
税理士という職業を通して様々な相談を受けてきた松下氏。今後は人の相談に重きを置いたサービスを展開したいと語り「看板にまず『税』を大きく書き、その下に人・モノ・金 相談乗ります」と。人・モノ・金は経営に限らず人生においても3本柱であり、これで悩んでいる人は多い」と構想を練っています。人助けが好きな松下氏の夢は尽きません。

事務所の概要

代表者松下 英勝
設 立昭和53年
所 属名古屋税理士会半田支部
職員数2名
住 所〒479-0836 愛知県常滑市栄町4-107

お問い合わせ

TEL 0569-35-4669 FAX 0569-34-7824