「人」が財産。「人」に自信があります
伝統と新しさを兼ね備える事務所

お客様1件に対して複数の税理士が検討を行い対応しています。
それぞれの考えやアイデアを出すことで、複数の視点による考え方を実現することができ、それを決算、事業計画に反映させています。
つまりご相談いただくだけで、セカンドオピニオンと同様のサービスが受けられます。

黒田税務会計事務所は先代・黒田奈良正(くろだならまさ)が奈良の地で開業し、お客様と二人三脚で歩んできて70年を超える歴史を誇ります。めまぐるしい経済状況の変化の下、税務・会計を取り巻く環境も急速に変わり続けている中で、お客様の置かれている状況をいち早く察知し迅速に対応していく必要があると考えています。
また、お客様に必要な情報を正確かつスピーディーにお届けするとともに、税務・会計に関する問題のみならず、様々な問題を共に考え、共に成長していきたいと考えています。
経営革新等支援機関推進協議会にも所属し、認定支援機関として融資のサポートや補助金の最新の情報も発信しています。

事務所の歴史の重みと
時代に合わせたフットワーク

当事務所には、業務歴40年を超えるベテラン税理士と30代の若手税理士がおり、ベテランならではの幅広い知識と若手ならではのフットワークの軽さを併せ持ったサービスを提供しています。これは他の事務所ができない情報提供の方法を強みとしており、伝統と新しさとを兼ね備えた事務所として知識と経験の積み重ねを大切にし、かつ革新技術の良い部分を取り込みながら日々の業務を行っています。

クラウドシステムの体制づくり

現在はクラウドシステムの導入に積極的に取り組んでいます。AIがこのままどんどん発達していけば、記帳代行もなくなり銀行取引なども全部自動処理になると予想されますが、AIを働かせるためにはまずその設定をどうするのかが重要となります。
技術進歩の影響は今後必ず大きく表れてくることから、これらの習熟は必須となりますが、AIの長所は情報量とそれを重ねて学習していく点にあるものの、「気づき」という部分においては対応できないので、当事務所としてはそこに特化することがさらに必要だと考えています。あくまでもクラウド会計は強化していくツールなのであり、使いこなすことが重要です。
またInstagramやTwitterなどにも積極的に取り組んでいて、若い経営者などその反応が期待できる層に需要の可能性を感じています。
これまでのように毎月訪問していたものがクラウド上で処理できるようになれば、その両方が対応できるような形での運用を描いています。もちろん、全てを通信だけで済ませることはなく、決算の説明などの最終的な段階に関しては直接お客様と顔を合わせて話をすることが重要だと考えます。

相続税関係にも力を入れています

相続税関係業務にも力を入れており、ハウスメーカーや銀行と協力して相談会を開催しています。無料で相続税額を簡易にシミュレーションしたものから分析を行い、相続対策の提案をしています。
相続後に関しても複数の視点からの検証を行い、評価や制度についての確認と考察を十分に実施しています。これらが、提案内容に納得していただける最終的な一押しになっていると考えています。

黒田税務会計事務所の「人」の力

所内では、毎月「決算会議」という報告会議を行っています。これは、担当者が作成した決算書・申告書について、職員全員で今期の問題点・検討事項等を議論し来期以降に繋げていくためのものです。全ての顧問先法人の決算会議を実施し、担当と担当税理士が作り上げたものを決算報告し担当者以外の者が気が付いた点や確認事項などを取り上げます。お客様のもとには、基本的に税理士が訪問しますが、日々の業務に関しては各担当者がお客様に寄り添い良い関係を作りながらサポートを進めます。
そして、先代の時からの知識・ノウハウをずっと継承していることが強みです。経験豊富な事務所職員が多数在籍しており、黒田税務会計事務所の「人」の力を事務所の歴史として受け継ぎ、業務に活かしていきます。

事務所の概要

代表者黒田 有紀(くろだ  ありのり)
開 業昭和14年
所 属近畿税理士会奈良支部
職員数10名(税理士2名、公認会計士・税理士2名)
住 所〒630-8371 奈良県奈良市光明院町2番地

お問い合わせ

TEL 0742-22-3651 ㈹ FAX 0742-22-6200
WEB SITE