header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2016.9.2
new.gif

国税庁がICT化推進のための予算・機構新設を要求

spacer.gif spacer.gif
spacer.gif

 各省庁の平成29年度予算概算要求は、例年通り8月末で締め切られたが、国税庁は、マイナンバー・法人番号システム等の運用経費や国際課税等に係る情報収集経費として6,967億円の予算を要求。定員・機構では「サイバーセキュリティ・情報化審議官」(仮称)などのポスト新設の要求を行っている。

 29年度の要求予算額全体の8割を占める人件費5,562億円を除く一般経費1,405億円の主な内訳は、最も高いのが、税務諸用紙・通信費を含む「庁局署一般経費」の589億円(前年度比1.2%増)。次いで高いのが、KSK(国税総合管理)システム関係経費など「情報化経費」の426億円(同11.1%増)。e-Taxや電話相談センターの運用に係る「納税者利便向上経費」は100億円(同11.9%減)を計上した。

 一方、定員・機構要求では、ICT化への対応として、サイバー攻撃等に対応しつつICT化を推進するため「サイバーセキュリティ・情報化審議官」(仮称)を国税庁に、東京局には情報システムの管理・運用等を行う「情報システム部」(仮称)の新設を求めている。

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから