header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2016.8.4
new.gif

国税庁・税理士法違反行為Q&Aを公表

spacer.gif spacer.gif
spacer.gif

 国税庁は7月25日、ホームページ上で「税理士法違反行為Q&A」を掲載。どのような行為が税理士法違反に該当するか、財務省告示等も含め想定される具体事例も盛り込みQ&A形式で解説している。

 Q&Aは大きく分けて@税理士の使命、A非税理士により行うことが禁止される税理士業務、B税理士が遵守すべき税理士法上の義務等と懲戒処分、C税理士法人が遵守すべき税理士法上の義務等と処分、の4つで計28問。

 税理士法第46条(一般の懲戒)関係については、37条(信用失墜行為の禁止)で禁止する行為には、自己脱税や多額かつ反職業倫理的な自己申告漏れ、調査妨害などのほか、「非税理士が作成した申告書に署名押印するよう所属税理士に名義貸しを指示した場合」や、「非税理士が税務署類の作成を行うことを認識しながら、税理士でないと契約を行うことができない申告書の作成が可能なソフトウェアを貸与した上で非税理士が申告書の作成を行うことを黙認した場合」なども、反職業倫理的な行為として、同条で禁止する信用失墜行為に含まれることを具体的に説明している。

詳細はこちら
http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishiseido/ihan/menu.htm

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから