header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2016.6.7
new.gif

1件当たりの脱税額が平成で最少に〜H27査察調査事績

spacer.gif spacer.gif
spacer.gif

 国税庁はこのたび平成27年度(27年4月〜28年3月)の査察調査事績をまとめた。査察事案の個別具体性にもよるがリーマン・ショック以降の景気低迷の影響が未だに残り、査察着手件数が6年連続で200件を下回るとともに、1件当たりの脱税額は平成では最も少ない金額となったことなどがわかった。

 27年度中は189件に対し査察調査を着手。リーマン・ショック後の平成22年度以降、着手件数は200件を下回り続けているが、27年度は1事件当たり着手日に延べ155名を動員して49か所を調査するなど、件数こそ減少しているものの後を絶たない大口・悪質脱税事案に対し厳正な調査を行っている。

 脱税事案に対する刑事責任の追及を行うため、検察庁への告発の可否を最終的に判断した「処理」件数は、27年度以前に着手した継続事案を含めた181件。このうち検察庁に告発したのは115件、告発率は63.5%。査察着手から告発までの平均調査期間は9か月で、1年超を要した事案は34件あった。

 脱税額は、処理事案に係る脱税総額(加算税含む)は138億4,100万円、このうち告発分は112億400万円で、いずれも平成では最少額で、直近5年間の大口事案の推移をみると、脱税額10億円以上のものは23年度に1件、24年度に2件あったが、ここ3年間はゼロであることも脱税額の減少に結び付いている。

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから