header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2014.11.18
new.gif

2年分前納された国民年金保険料の社会保険料控除の取扱いを国税庁が公表

spacer.gif spacer.gif
spacer.gif

 国税庁は年末調整時期を控え、2年分の国民年金保険料を前納したときの社会保険料控除の取扱いを公表して周知を図っている。

 自営業者等が納める国民年金保険料には、一定期間の保険料をまとめて納めることにより、保険料が割引される前納制度(6か月、1年)があり、26年4月から新たに2年前納が加わった。

 国民年金保険料は、社会保険料控除の対象で、前納した社会保険料の控除については、@各年分の保険料に相当する額を各年に控除する方法と、A納めた年に全額控除する方法のいずれかを選択することが認められている。

 いずれの方法を選択した場合でも、年末調整の際に社会保険料控除を受けるためには、日本年金機構が発行した社会保険料控除証明書を給与所得者の保険料控除申告書に添付して給与の支払い者に提出する必要がある。

 ただし、社会保険料控除証明書には、前納分を含め、その年に納付された保険料の総額が記載されていることから、各年に控除する方法を選択した場合には、所得者自らが各年において「社会保険料(国民年金保険料)控除額内訳明細書」を作成して、社会保険料控除証明書と併せて保険料控除申告書に添付しなければならない。2年前納の場合の控除額の計算は、2年前納保険料額×その年分の保険料の月数/24か月で行うことになる。

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから