header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2014.6.3
new.gif

相続税増税控え生前贈与が活発化

spacer.gif spacer.gif
spacer.gif

 平成27年からの相続税の基礎控除引下げと最高税率引上げを控え、贈与が活発化していることが、国税庁がこのほど公表した平成25年分確定申告の状況でわかった。

 25年の贈与税の申告書提出人員は49万1千人(+12.6%)で、このうち申告納税額のあるものは33万人(+12.8%)、その申告納税額は1,718億円(+31.1%)と人員・額ともに基礎控除が110万円に引き上げられた平成13年以降で最高となった。

 贈与の主流は暦年課税で、申告人員43万9千人(+12.4%)、うち申告納税額のあるものは32万6千人(+12.7%)、申告納税額は1,513億円(+31.7%)。納税額が大きく増加してはいるが、200万円以下の贈与が6割を占めることから、少額の贈与で着実に資産移転を進める納税者が多いとみられ、贈与財産は現金が5割を占める。

 一方、相続時精算課税の適用者についても申告人員5万2千人(+13.6%)、うち申告納税額のあるものは3,453人(+14.9%)、申告納税額205億円(+26.6%)と大きく増加。相続時精算課税を適用した贈与財産の6割を土地等が占めており、贈与時の価格で相続できる同制度の利点を生かし、土地や株など値上がり傾向にあるものを早めに贈与し相続税負担を減らす目的で多く利用されたようだ。

詳細はこちら
http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2013/kakusihin_jokyo/kakusihin_jokyo.pdf

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから