header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2010.12.17
new.gif 平成23年度税制改正大綱を決定
   
 

 政府は12月16日、平成23年度税制改正大綱を決定した。

 財源問題で焦点となっていた法人税は、基本税率30%を25.5%に引き下げる。中小法人の年800万円以下の部分に係る軽減税率は、本則の22%を19%に引き下げ、特例の18%を23年4月から26年3月までの3年間15%に引き下げる。

 平成19年度改正で導入された新減価償却制度を見直し、定率法の償却率を定額法の2.5倍から2倍に縮小する。また、中小法人を除き欠損金の繰越控除限度額を80%に制限する。繰越期間は9年(現行7年)に延長する。雇用保険加入従業員を10%かつ5人(中小企業は2人)以上増加した場合に増加1人当たり20万円を税額控除できる雇用促進税制を創設する。

 所得税では、給与所得控除を見直し、給与収入が1,500万円を超えた場合の給与所得控除額に245万円の上限を設ける。さらに役員の場合は、給与収入2,000万円超から徐々に控除額を減らし給与収入4,000万円超では125万円とする。役員の退職手当の課税も強化し、勤続年数5年以内の役員については2分の1課税を廃止する。

 23歳以上70歳未満の者に対する成年扶養控除の対象を、心身障害者等一定の被扶養者に限定する。ただし、被扶養者の状況にかかわらず給与収入568万円以下の納税者には控除を適用する。

 上場株式等の配当・譲渡所得等に係る10%軽減税率は景気を配慮し適用期限を2年延長し、これに合わせ、24年1月からの適用予定だった少額上場株に係る配当・譲渡所得等の非課税措置の開始を2年遅らせる。

 相続税は、基礎控除を引き下げるとともに最高税率を引き上げ課税を強化する。贈与税の税率構造も見直し、直系尊属から贈与を受けた20歳以上の者に対しては、それ以外とは別建ての緩和された税率を適用する。消費税の事業者免税点制度適用の判定時期(前々年)を見直し、前年(前事業年度)の前半6か月の課税売上高で1千万円を判定する。

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから