header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2010.4.26
new.gif 所得税申告などe-Tax重点手続の利用率45.4%に
   
 

 国税庁がまとめた21年度におけるe-Taxの利用状況によると、利用件数は、オンライン利用拡大対象となる重点15手続(所得税・法人税・消費税(個人・法人)・酒税・印紙税の申告、法定調書7手続、納税証明書の交付請求、開始届出書提出)が1,657万8,076件、うち所得税申告を除いた先行11手続が809万6,625件、重点手続以外の申請・届出等が100万2,232件、納付手続が164万3,847件で、前年より292万件増の全手続合計で1,922万4,155件にのぼった。

 年間平均件数を分母として算出する利用率については、重点15手続が45.4%、先行11手続が65.9%。利用拡大行動計画における目標値は、重点手続は残り4年の25年度までに65%、先行手続は残り2年の23年度までに70%と設定されているが、現時点では目標値へ順調に近づいている。

 申告手続別の利用率では、既に利用割合の高い酒税の87.3%のほか、前年より20%程上昇した法人消費税が73.5%、印紙税が66.3%、法人税が48.9%とそれぞれ利用割合が高い。その半面、所得税は39.7%、個人消費税は36.4%と、年々利用率を伸ばしているものの3割台にとどまっており、この両税を如何にe-Taxで申告してもらうかが厳しい目標値を達成するカギとなろう。

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから