header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2010.3.10
new.gif ホステスの源泉控除額計算で最高裁が新判断
   
 


 パブクラブで働くホステスの報酬に係る源泉徴収税額を計算する際の控除金額を巡る争いで最高裁判所は3月2日、国側(国税当局)勝訴の1、2審判決を破棄、審理を東京高裁に差し戻した。

 この裁判は、原告のパブクラブの経営者らが、ホステスの源泉徴収税額算出の際の報酬から差し引く必要経費を考慮した基礎控除額について、「出勤日以外も含めた報酬計算期間の全日数分」で計算した源泉所得税を納付したところ、税務署では「実際に出勤した日数分」で計算すべきとして、源泉所得税の納税の告知及び不納付加算税の賦課決定を行ったことから、処分の取り消しを求めていたもの。

 最高裁では、所得税法施行令で報酬の計算期間に合わせて控除額を算定すると定めていることなどを挙げ、計算期間は、「期間の初日から末日までの時的連続性を持った概念である」として、国税側の主張を退けている。

 詳細は、http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20100302111400.pdf

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから