header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2008.10.30
new.gif 従来型の酒類自動販売機設置数は全国で1.2万台
   
 

 国税庁では、未成年者の飲酒を防止するため、購入者の年齢を識別できない従来型の酒類自動販売機の撤廃に向け関係組合と連携して撤去の指導を行ってきているところだが、今年4月1日現在における全国の設置台数は1万2,784台で前年より約4千台減少していることが同庁のまとめでわかった。

 現在、酒類自動販売機は運転免許証等による年齢確認機能付きの改良型機と従来型機の2種類あるが、全国小売酒販組合中央会は平成7年5月に従来型機の撤廃を決議。決議直後の平成8年3月末では全国に18.5万台設置されていたが、それに比べると今年4月時点での従来型機の残存率は6.9%、今後撤廃予定等のものが約2,800台と設置台数はもうすぐ1万件を割る。

 しかし、「撤廃すると売上が減少する」、「改良型機への切替え費用の負担が重い」などを理由に従来型機を撤廃できない酒販業者も少なくないようだ。

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから