header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2008.10.28
new.gif インターネット取引調査で450億円の申告漏れ所得金額を把握
   
 

 国税庁の発表によると、インターネット取引を行っている者に対する今年6月までの1年間の所得税調査で申告漏れ等の非違のあった3,122件から450億円の申告漏れを把握したことがわかった。1件当たりの申告漏れ所得金額は1,440万円で前年度(1,206万円)より増加しており、この額は所得税実地調査(特別・一般)全体の平均額の1.5倍に当たる。

 申告漏れ事案をみると、インターネットを利用して会員へメール配信する広告業の経営で得た多額の所得が無申告であったAのケースでは、インターネットの運営サイトの責任者及び広告料受領口座などの名義を配偶者にして形式上の経営者としていた。調査でA所有のパソコンから会員制の広告メールを送信した事実と取引事実などを把握した他、臨場時に入手した資料等を念査した結果、Aが実質の経営者として多額の所得を得ていたことが判明した。加算税を含む追徴税額は所得税が1,100万円、消費税は100万円。

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから