header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2007.7.2
new.gif e-Taxの推進など国税庁の実績評価まとまる
   
 

財務省はこのたび平成19事務年度(19.7〜20.6)において国税庁が達成すべき目標に対する実績の評価に関する実施計画を公表した。

今事務年度における計画では、「納税者の自発的な納税義務の履行を適正かつ円滑に実現する」という国税庁の使命を遂行するため、

(1) 内国税の適正かつ公平な賦課及び徴収
(2) 酒類業の健全な発達の促進
(3) 税理士業務の適正な運営の確保

の3点の実績目標の下、11項目の業績目標と25項目の業績指標を設定。このうち重点的に進めていく施策として、e-Taxや国税庁HP内「確定申告書等作成コーナー」をはじめとする電子申告等ITを活用した申告・納税の推進と、租税条約に基づく相互協議事案の適切かつ迅速な処理など国際化時代に対応した税務行政の推進を図ることとしている。

また19事務年度より「オンライン利用促進対象手続の利用件数」のほか、実地調査や資料情報の収集などの「調査関係事務の割合」、滞納者に対する納付折衝や財産調査・差押え・公売などの「滞納整理事務割合」を新たに業績指標に加えている。

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから