header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2007.3.2
new.gif 6人が税法違反で行政処分に
   
 

 医師及び歯科医師の行政処分を検討する厚生労働大臣の諮問機関「医道審議会」はこのほど、犯罪や不正を働き刑事処分が確定した医師等66人の行政処分を厚労相に答申し処分が決定された。

 66人の犯罪内容をみると、医師(歯科医師)法違反、殺人、覚せい剤取締法違反、業務上過失致死、診療報酬不正請求のほか、脱税で5人と脱税幇助で1人のあわせて6人が税法違反で処分されている。主なものをみると、1.医薬品仕入高、雑費等の経費を架空計上するなどの方法により3年間に法人税7,464 万4千円を脱税し、東京地裁で懲役1年(執行猶予3年)を受けた東京都多摩市の医師に医業停止1年、2.自費診療に係る入金伝票を改ざんして売上の一部を除外する等で3年間に所得税5,496 万6千円を脱税し、懲役1年(執行猶予3年)・罰金1,300 万円を受けた大阪市西区の医師に医業停止1年が下されたほか、所得税法違反で行政処分(医業停止1年)とされた医師が脱税を企てていることを知りながら自己の歯科医院の支払に係る領収書等の宛先を同医師の医院とした虚偽の領収証を発行するとともに架空人件費計上の名義人及び給与金額等を教授するといった脱税幇助を行い、東京簡裁から罰金50万円を受けていた東京都板橋区の歯科医師が歯科医業停止1ヵ月の行政処分となっている。

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから