header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2006.11.15
new.gif 注意したい『国税局収税課』からの偽還付文書
   
 

 今月6日頃から郵便で還付金があるとの通知書を送って現金自動預払機(ATM)より現金を振り込ませる新たな詐欺が続発している。

 東京国税局によると、「平成16年度納税ご返金のお知らせ」と題する「納税過払金●万●●●●円を返金する」旨が書かれた通知書が、国税当局には存在しない『国税局収税課』と裏に書かれた封筒で郵送されてきて、通知書に書かれた電話番号に連絡すると、コンビニエンスストアのATMに行くよう指示され、そこで携帯電話から再度電話をすると、言葉巧みにATMの振込み操作をさせられて現金を振り込まされるという手口。この文書は千葉県内を中心に今月初旬に送付されたようで、今月6日から5日間で同国税局へ919 件の問い合わせが寄せられており、30万円の被害も出ている。

 今回の特徴としては、振込場所を“金融機関又はコンビニエンスストア”をコンビニエンスストアに限定している点だ。というのも、最近の金融機関では様々な手口による振り込め詐欺が横行していることや利用者サービスの観点から、ATM付近に係員を配置しておくところが多いため犯罪者がコンビニエンスストアと限定しているとも考えられる。

 同局では、(1)国税局や税務署が還付金の受け取りのためにATMの操作を求めない事、(2)納税のために金融機関の個人名口座を指定して振込みを求める事はないと注意を呼びかけている。

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから