header_01.gif オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
株式会社 税経 header_03.gif
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
  spacer.gif
spacer.gif
line.gif
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
line.gif
HOMEに戻る
最新情報
2006.8.11
new.gif 耐震改修促進税制で国税庁が通達
   
   国税庁は、平成18年度税制改正で創設された耐震改修促進税制の取扱いを定めた通達を公表した。

 耐震改修促進税制は、平成18年4月〜20年12月までの間に一定の計画区域内で、その者の居住の用に供する昭和56年5月31日以前に建築された一定の家屋の耐震改修をした場合に、その者のその年分の所得税の額から耐震改修に要した費用の10%相当額(20万円を限度)を控除する制度で、平成18年分以後の所得税から適用される。

 通達では、税額控除の適用年分について、耐震改修が完了した日(平成18年3月31日付国土交通省告示第464 号に定める別表「住宅耐震改修証明申請書」における「上記家屋に係る耐震改修が完了した日」)の属する年分となることを明示した。また、耐震改修促進税制の適用を受けるには、その家屋が計画区域内にある等の市区町村長の証明書等のほか、その者の住民票の写し、が必要となるが、通達では、「その者の住民票の写し」は、税額控除の適用を受ける家屋の所在地が、その者の住所地として記載されているものであることとした。

   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
search_bottom.gif
  spacer.gif
       
bottom.gif    
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから