オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
 
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
HOMEに戻る
最新情報
2005.3.14
偽造キャッシュカードによる不正引出しも雑損控除の対象
   
   偽造キャッシュカードによる不正引出しでの被害が急増しているが、このほど全国銀行協会は、銀行が 預金者からの被害の申し出を受けた場合には、雑損控除の申告の際に必要な被害届出証明書を警察に請求、発 行された証明書に不正引き出し部分の出金明細書を付け預金者に渡す一定のルールを決めた。

 今まで偽造キャッシュカードによる不正引出しについては、刑法上の被害者が預金者ではなく金融機関と なることから被害届出証明書の交付を預金者が警察から直接受領することはできず雑損控除を受けられない ケースもあったが、増え続けるスキミング被害の現状を考慮して実施されることになった。

 なお、平成16年分以前の被害についても、被害届出証明書が入手できれば更正の請求等で還付申告の手 続をすることができる。
   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
 
       
   
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから