オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
 
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
HOMEに戻る
最新情報
2005.1.27
ストックオプション訴訟は「給与所得」で国側勝訴確定
   
 
 ストックオプション課税を巡る一連の争いに決着がついた。最高裁判所(第三小法廷、藤田宙靖裁判長)は1月25日、ストックオプションの権利行使益は給与所得に当たるとした東京高裁判決を支持、一時所得を主張していた納税者の上告を棄却した。これにより、国側(国税当局)の勝訴が確定した。

 判決では、ストックオプション付与会社は、上告人がその会社の「職務を遂行しているからこそ、本件ストックオプション制度に基づき上告人との間で本件付与契約を締結して上告人に対して本件ストックオプションを付与した」のであり、権利行使益が「職務を遂行したことに対する対価としての性質を有する経済的利益であることは明らか」であるとの判断を示し、労務の対価ではなく一時所得に当たるとする納税者(上告人)の主張をしりぞけている。  
   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
 
       
   
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから