オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
 
point2.gif 2018
point2.gif 2017
point2.gif 2016
point2.gif 2015
point2.gif 2014
point2.gif 2013
point2.gif 2012
point2.gif 2011
point2.gif 2010
point2.gif 2009
point2.gif 2008
point2.gif 2007
point2.gif 2006
point2.gif 2005
point2.gif 2004
point2.gif 2003
point2.gif 2002

 
HOMEに戻る
最新情報
2004.11.17
国側敗訴割合30年間で最高
   
 
 国税庁と国税不服審判所がこのほどまとめた平成15年度(15・4〜16・3)における不服申立て及び訴訟の概要によると、審判所に対する審査請求と裁判所への訴訟件数が前年度に比べ大幅に増加している。

 まず処分庁に対する異議申立てについては、発生件数は5,573 件(対前年度比8.9 %増)で係属事案を含めた5,615 件を処理している。審査請求の状況については、発生件数はここ10年間で最も多い3,447 件(同22.1%増)で処理件数は3,721 件。処理事案のうち一部又は全部取消しがなされ納税者の主張が何らかの形で受け入れられた割合は、異議申立てで14.6%、審査請求で22.0%となった。

 また、審査請求を不服として訴訟に至ったものは昭和45年以来の高水準となる492 件(同29.5%増)で終結件数は473 件(同36.7%増)。このうち国側の敗訴は53件にものぼり、敗訴割合は11.2%とここ30年間で最も高くなっている。

 
   
←最新情報へ

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
 
       
   
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから