オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
 
税と経営
事務所ニュース
税務カレンダー
改正税法の手引き
各種ファイル
10年職歴
レシートファイル
支部報印刷
用紙類
封筒印刷
各種図書出版
ホームページ作成
事務所ニュースPDF版
国税局職員便覧

 
HOMEに戻る
事例で解説 消費税の税務調査
 消費税の税務調査は通常、法人税や所得税の調査と同時に実施されるケースが多く、売上げの計上洩れや諸経費の是否認など法人税等の誤りに連動して修正することもあります。  消費税の調査で問題となるのは、「課税・非課税・免税・課税対象外」といった税区分に関する事例が大半であり、平成元年4月1日に法律が施行されて以来四半世紀経過した今でも、取扱いに誤りが生じています。これは、消費税の取扱いが細かく不慣れであることや、中途制度の見直しに応じて法律が改正されたことによるものと推測されます。

 国税庁がまとめた平成24事務年度(平成24年7月〜25年6月)の消費税の税務調査の状況によると、個人事業者では2万9千件の申告誤りが見つかり、その追徴税額は172億円。法人では申告誤り5万件に対し474億円の追徴税額が課されています。

 平成26年4月1日からは消費税率が8%に引き上げられ、今後10%への引上げも予定されていることから、申告誤りが発覚した場合の追徴税額はこれまでよりも増加し、会社経営に与えるインパクトも大きなものとなります。

 そこで本書では、消費税が関わる様々な取引等について、調査事例を交えわかりやすく解説しております。複雑な消費税の取扱いを理解する一助となれば幸いです。

事例で解説 消費税の税務調査
[A5版 56頁 定価400円(税別)]
表紙に芳名を印刷して関与先配付用にどうぞ
□表紙芳名印刷代→50冊以上は無料(49冊以下は1,000円(税別))
○送料:地域、数量にかかわらず1,000円(税別)
○お支払い:後払い、納品時に請求書同封
○ご注文は2冊よりお願いいたします。

事例で解説 消費税の税務調査 数量:


■ご注文をされた商品をご確認される場合は「カートを見る」をクリック■

↑上に戻る

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
 
       
   
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから