オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
 
税と経営
事務所ニュース
リーガル
税務カレンダー
改正税法の手引き
各種ファイル
10年職歴
支部報印刷
用紙類
封筒印刷
各種図書出版
ホームページ作成
事務所ニュースPDF版
国税局職員便覧

 
HOMEに戻る
商品案内
事務所ニュース
[2013年11月号・2013年10月28日更新]
K版(経営版) ←表紙のページに戻る

■「特定支出控除」の活用
 給与所得者は給与所得を計算する際、自営業者のように実額経費を所得から控除するのではなく、給与の額に応じた「給与所得控除」という概算経費を控除します。
 この給与所得控除は、実際に経費がいくらかかったかとは関係なく認められますが、この給与所得控除=概算経費以上に経費がかかった場合に、給与所得者にも自営業者と同じように実額経費で所得を計算できるようにした制度が「特定支出控除」です。「特定支出」の額が一定額を超えるときは、確定申告によりその超える金額を給与所得控除額に加算して所得から控除することができます。

■“戦略”と“戦術”の違いと会社経営

■お客さまが増える方策を考える〜客がいなければ作り出せ〜

■〜断捨離とは〜


↑上に戻る

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
 
       
   
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから