オンラインショッピングについて 全国優良税理士検索 サイトマップ お問い合わせ
最新情報 商品案内 税経情報 会社案内 リンク集 web版5年職歴 税制改正の概要 ホームページ作成
 
税と経営
事務所ニュース
リーガル
税務カレンダー
改正税法の手引き
各種ファイル
10年職歴
レシートファイル
支部報印刷
用紙類
封筒印刷
各種図書出版
ホームページ作成
事務所ニュースPDF版
国税局職員便覧

 
HOMEに戻る
商品案内
事務所ニュース
[2004年11月号・2004年10月26日更新]
M版(労務版) ←表紙のページに戻る


■育児休業するとき

 「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」(以下「育児・介護休業法」という)は、育児または家族の介護を行う労働者の職業生活と家庭生活との両立が図れるよう支援することにより、その福祉を増進するとともにわが国の経済及び社会の発展に資することを目的に創設されました。
 このうち育児休業等をする場合の留意点について平成十七年四月から実施される改正点を含めてQ&A方式で掲げます。

Q.育児・介護休業法の育児休業の対象となる社員について、教えて下さい。
Q.九ケ月前に採用した社員が、育児休業の申出をしてきました。このような場合も会社は、その申出を拒むことはできないのですか。
Q.育児休業の申出について、留意すべき点がありますか。
Q.育児休業の開始日を繰り上げたり、繰り下げたりすることはできるのですか。
Q.一度申し出た育児休業を撤回することはできるのですか。
Q.育児休業は、どのような場合に終了するのですか。
Q.育児休業期間中の給与は無給としています。この間の社会保険料は徴収されますか。また、保険料が徴収されない場合の給付についても教えて下さい。
Q.社会保険料免除申請の手続きは、どのように行えばよいのですか。

■障害者雇用率制度


■健康保険の給付制限


■平均寿命


↑上に戻る

 

全国優良税理士クイック検索
全国から登録いただいている士業等の中から優良士業等を検索いたします。 下のリストから検索したい都道府県を選択して「検索」ボタンをクリックしてください。
掲載のお申し込みはこちら
 
       
   
株式会社 税経 ご意見・ご質問はこちらから